読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々かわいい攻撃

みんなまとめて100% I Love You!!! → @honey0826cat

#自担大賞2015 重岡伊野尾担の場合

 

※ページを貼ることができました。ほんと申し訳ありません汗汗

 

めっちゃ楽しそうな文字!!!「自 担 大 賞」!!!やりたいです!!!

 

というわけで(?)今からとっても素敵な企画に参加させていただきます。

私はジャニーズWESTの重岡くんとHey! Say! JUMPの伊野尾くんの掛け持ちおたくです。ふらふら人間が書くことに申し訳なさをひしひし感じながらの記事ですが楽しく書きたいと思います。

 

重岡くんVer.

 

3位「一発めぇぇぇぇぇぇぇぇ!での自己紹介うさちゃん」

めちゃんこ可愛い。びっくりした。レポで「重岡くんはうさぎ」と流れてきた時点で勝訴だった。しかも水色スモック+赤いお手手つきだった。泣いた。なぜ彼はこんなにもスモックが似合うのか。もしかしたら彼は本当は現役幼稚園児なのではないか。いつか週刊誌で暴露されたらどうしよう。「人気アイドルは実は幼稚園児だった」という見出しで発売されたらどうしよう(?)そして何が嬉しいかって密着DVDでしげちゃんはうさみみお手手を自分で選んでいた…つまり自分の需要がわかっていた…すごいいいいい自分の魅力分かってるザ・アイドルだったああああああ(:_;)(:_;)(:_;)ry

 

2位「チャンカパーナ岡」

誰っっ!?!?誰なの、彼にチャンカパーナ歌わせたの!!!金一封送りたいいいい…にっこにこのだいっきゃんスマイルで黒髪美女を誘惑している…!!!すごい世界だ。はてなブログでもしげちゃんについてお褒めの言葉が並んでいらしたので反響も大きかったのではないか。さらに右に伝説のマボ松岡さん、左にニュアンスで踊るボクサー上田っちを携えていた。そこだけ切り取るとなかなかカオスであるが、そんな中で歌うしげちゃんは世界一アイドルだった。ただ一つ惜しかったのがえくぼぐりぐりが見れなかったこと。逆だった…orz

 

1位「かみしげの絡みありすぎた問題」

まさかのコンビ芸。だが聞いてほしい、かみしげ程平和で天使な双子を見たことがあるだろうか。いや、ない。かみしげとは重岡くんと同グループの神山くんとのコンビであるが、とっても可愛らしいのである。私が好きなのは3月の少クラで、ズンドコを披露した際、しげが神ちゃんを前に立たせてあげ、肩組みをするというシーンだ。今思えば、これが始まりだったような気がする。さらにバリハピでのユニゾン、コンサートでのハグ、ジャニ勉、終いには「Lovely Xmas」である。天使か。天使なのか。そうだ。タイトルに問題と表記したが全く問題ない。むしろ2016年はさらなるフィーバーを見せておくれ。

 

番外編「重岡大毅(5)だった」

しげ×淳太くん×流星のラジオにて。終わろうとシメにかかる淳太くんに「いややぁ~…終わるのやや…」とごねる重岡さんは完全に5歳!!!!!でした!!!!!あと今年もしげじゅんでしたね!!!!ぴとっと淳太くんに引っ付く彼はお母さんに甘える大ちゃんでした!!!そしていつもフラれてますね!!!2016年は彼のお淳太への片思いが実るようにみなさん応援してあげてください(?)

 

 

伊野尾くんVer.

 

3位「色気と下ネタをばらまきすぎ案件」

彼は可愛い。そうだ。だがしかし私はそれよりももっと物申したいことがあるのだ。「お前さん、変態か?」と。神聖なるジャニーズアイドルにこんなことを言いたくない。が、言わないと気がすまない。どこのだれが8時台のラジオで喘ぐのか。君しかいない、伊野尾さん。「今夜あなたを口説きます」というコーナーだが、君は「今夜一緒にワンナイトラブ」だと勘違いしているのではないか。私が聞いた限り結構な確率で下ネタであった。そして色気のことだが、私は伊野尾さんはグループではエロ担当な気がしてならないのだ。顔も声も絶対エロい。間違いない。キミアトラクションでいつも「なびく髪~」のところを可愛く歌っている彼だが、この前のFNSでは謎の色気が放出されていた。完全に狙っている。

 

2位「岡田センパイに狙われる」

なぜ、30を超えたイケメンに胸を揉みしだかれるのか。意味が分からない。確かに、24時間テレビのときの彼は女性的かつ小動物的な可愛さが溢れていたような気がする。目をうるうるとさせ、上目づかいで岡田センパイの話を聞いていたらしいが、コメントが思い浮かばなかった。とりあえず彼が今年大逆進したのはかなりの割合で岡田さんの影響だと思うので、とりあえず岡田さんには昨日の志村動物園とアニマルパークの映像を送っておこう。

 

1位「最終的に猫になってしまった」

こんなにも猫押しするアイドルを初めて見た。動物に例えて売り出そうとするなんて考えもしなかった。私が伊野尾ちゃんにどっぷりつかる最後の一押しがペットショップラブモーションだったような気がする。にゃあにゃあと鳴き、離さないと急にイケボを発してみたりそんなひどい慧にゃんですがそれだけでは終わらなかった。「Hanako」で表紙を飾っていたWith猫。女性誌のところに紛れ込ませてもわからないだろう女子っぷりだった。極めつけは昨日の志村動物園。なんか、もう、死んだ。一言言いたいのが、猫耳つけて話しているいのちゃんをみて、なんか知らんがいけないものを見ているような気分になった。一回死のう。

 

 番外編「2015いのありフィーバー」

今年、とんでもないいのありしか見ていない気がする。有岡くんとのコンビなのだが彼らは浴衣で絡み合っていたり(語弊)間接キスしたり*1不倫したり*2スカイツリーデートしたり*3とにかく付き合ってるんじゃね????というくらいひどかった(褒めてます)

 

二人とも2015年はたくさんの活動をしてくれて、とってもとっても楽しかった。ほかにもトピックがあるが、それを書き始めては終わらないので今回はこれで終わろうと思う。2016年は何をしてくれるだろうかとニコニコ天使とエロ猫ちゃんに大いなる期待をしつつ。

 

このような楽しい企画、ありがとうございました!!!

*1:ポポロより

*2:キミアトメイキングより

*3:「With」より